前へ
次へ

契約で必要となる書類や金銭の問題

不動産業でも、申込金を先に支払う場合もあり、いわゆる着手金です。
その後、提案や図面作成、打ち合わせ、見積書の確認を念入りに繰り返し、消費者が「これで」と言われた段階で内容の決定となります。
住まいは高い買い物、箱(構造体)だけでなく、引き渡しとなれば引っ越してから生活がスタートします。
家具や家電も必要なのです。
最終見積書には、すでに支払った申込金を差し引いた合計額が書かれていて、注文書が作られ、注文書が契約書になります。
設計業務の場合には、法律に乗っ取った契約書を取り交わします。
それは、大事な家の工事をすることになるため、何かあった場合の責任のありかを明らかにするためです。
契約書には、工事期間などの内容、着手金、中間金、できあがった部屋を引き渡す時に支払う残金について明記されています。
例えば、プチリフォームをインテリアコーディネーターに任せるなら、コーディネート各3万円、設計5万円の申込金を着手金として渡します。
建設会社やリフォーム会社によっては、表向き設計料をとっていないところもありますが、わずかでも預かってもらえば、信頼、品質なども含め、最善の対応をしてくれるはずです。

愛知でマンションリフォームを依頼するなら

外断熱構造のRCU工法によるヨーロッパ風石造り100年住宅
室内の壁と外観が同時にできてしまう簡単さと高級感のある天然石のデザインが魅力的になっています。

これまでの工法より建築費用の削減が期待できます
工程が従来よりも少ないため、工期の短縮が可能であるとともにユニットを積む簡単施行のため、人材確保が簡単になります。

ワンルームマンション投資をしたいサラリーマンの方は当社にご相談ください

こだわりのお店をデザインできる
レンタルだからこその良さがあります

Page Top